むち打ち

交通事故の話し 7

2018-09-06

交通事故の症状と、その後の治療

むちうちによる頚部や頚部周辺の痛みや不快感は数時間あるいは数日後になって症状が出てくることは医学上では説明がつかないとされています。
もしあなたが……

・病院でレントゲンでは異常がないと言われた
・病院に湿布と痛み止め薬だけで何もしてくれなかった
・整形外科に行っても痛みが緩和されない
・保険会社から早期に通院を終了するように言われた
・骨には異常がないと言われたのに体がだるい
・天候の変化や寒さ、湿度などの変化で体が辛くなる
・夕方や朝方に痛む集中力がなくなり、長時間の仕事や車の運転が辛い
・頭痛・だるさ・無気力感・全身の疲労感・不眠などを感じる
・症状がよくなったり悪くなったりと、一進一退
のような状況でありながらも、

上に当てはまる症状をお持ちでお悩みであれば今すぐみつば治療院にご相談下さい。

交通事故後の症状の「むちうち」という症状を初めて体験される方にとっては、この症状がむち打ちなのかがとても判断しづらいと言われています。

その上医者から「何の異常もない」と判断されてしまいますとそれを鵜呑みにするしかないという場合もございます。交通事故後の症状は、さまざまな筋肉、椎間板、椎間関節など色々な損傷があり、その中でも首(頚椎)部分が多いのが一般的です。

 

交通事故後の通院は、窓口負担0円で通院可能です
もしあなたが……
・交通事故にあってどうしていいかわからない
・自賠責保険の手中や手続きがわからない
・保険会社から早期に施術を終了するようにいわれ困っている
・交通事故の保障、慰謝料などなんの知識もない

交通事故後の症状は自賠責保険が適応されます。
あなたは一切お金を使うことがなく無料で通う事が出来ます。

交通事故保険治療・むち打ち(ムチウチ)治療について
交通事故に遭われた患者様には体だけではなく心も元気になってほしいと考えています。交通事故に遭われて当院に来られる方の大半のかたは、精神的にも落ち込んでいる方が多いです。
米沢市で交通事故治療・ムチウチ治療をご相談の方は、ぜひ当院にご来院ください。
突然の事にショックを受け、体もつらい思いをしているのですから当然ですが、
少しでも明るい気持ちになれるように頑張っています。事故後の体の痛みや
不安はぜひみつば治療院にご相談ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

{米沢市のムチウチや交通事故の治療を行っています}

自賠責保険取扱い可

みつば治療院・整骨院

山形県米沢市丸の内2-3-13

0238-22-5182

http://yonezawa-mitsuba.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

交通事故の話し6

2018-07-21

全国的な酷暑、西日本の豪雨災害において、まず皆様方にはお見舞い申し上げます。

 

さて忘れたころの更新になりました。

私も色々な事例を見てまいりましたが約1割位の方が思わぬ形でトラブルが発生しています。

軋轢を生まないためのポイントを書いておきます。

 

味方を作る

交渉する担当者は基本的には加害者の為に動きます(相手側に非があっても)

自分の要求を冷静に伝える事が大事になります。

ご自身のの保険に弁護士特約付きであれば最終的には動いて頂きます。

保険診療と自由診療

保険診療

保険の点数単価が決まっているので治療費が抑えられる。

被害者であっても自分にも過失がある場合その過失分は治療費を負担しなくてはならない為、自己負担を抑える事ができる。

自由診療

保険治療上認められていない薬品や手術等が受けられる。

十分な費用をかけられるため、手間と時間をかけられる。

上記が味方を作る事診療にかんしてのメリットとして挙げられるものになります。

 

やはり金銭のトラブル、相手との意見の食い違いが多いと見受けられます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

{米沢市のムチウチや交通事故の治療を行っています}

自賠責保険取扱い可

みつば治療院・整骨院

山形県米沢市丸の内2-3-13

0238-22-5182

http://yonezawa-mitsuba.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

交通事故の話し!任意保険の話し

2018-03-29

自動車事故にまつわるリスクは多様です。それを幅広く保障してくれるのが任意保険です。

① 対人賠償保険(自動車事故で、他人を死傷させてしまった)

他人を死傷させ、法律上の賠償責任を負った時、その賠償額の内自賠責保険で支払われる額を超える部分に対し、保険金が支払われます。

②自損事故保険(自動車運転中、単独事故を起こして死傷した)

契約自動車の保有者、運転者などが自損事故(単独で電柱に衝突した場合や、崖から転落した場合など)によって死傷し、自賠責保険および政府の保障事業のいずれに対しても請求できない場合、保険金が支払われます

●死亡保険金 ●介護費用保険金 ●後遺障害保険金 ●医療保険金

③無保険車傷害保険(無保険自動車と衝突し、死亡、後遺障害を負ってしまった)

無保険自動車(対人賠償保険が付いていない、付いていても金額が低いなど、賠償資力が不十分な自動車。当て逃げ自動車を含む)に衝突されて、契約自動車に乗車中の人が死亡または後遺障害を負った場合、保険金が支払われます。尚、ご契約内容によっては記名被保険者やその配偶者、同居の親族などについては、歩行中や契約自動車以外の自動車に乗車中の無保険自動車による事故でも支払われます。

④対物賠償保険(自動車事故で、他人が所有している財物を壊してしまった)

自動車事故で他人の財物(自動車、建物などに)に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った時、保険金が支払われます。

⑤人身傷害補償保険(自動車事故によって死傷した)

契約自動車または他の自動車に乗車中や歩行中にご契約者やその家族が自動車事故で死傷後遺障害を負った場合、被害者の過失割合に関係なく、ご契約者自身の損害分を保険会社に所定の基準で算定した額が保険金額の範囲内で支払われます。

⑥搭乗者傷害保険(自動車に乗車中、自動車事故によって死傷した)

契約自動車に乗車の人(運転者を含みます)が、自動車事故によって死傷したとき,加害者側からの損害賠償金などとは別に以下の保険金が支払われます。(例示であり、契約内容により異なります)

● 死亡保険金 ●後遺障害保険金 ● 医療保険金

⑦車両保険(交通事故等によって契約自動車が損害を被った

衝突、接触、墜落、転覆、火災、爆発、盗難、台風、洪水、高潮など偶発の事故によって損害を受けた場合、保険金が支払われます。

一部の取り扱い例になります。契約内容により異なります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

{米沢市のムチウチや交通事故の治療を行っています}

自賠責保険取扱い可

みつば治療院・整骨院

山形県米沢市丸の内2-3-13

0238-22-5182

http://yonezawa-mitsuba.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

交通事故の話し5!示談の話し

2018-02-13

交通事故発生から示談交渉、成立までの流れ

 

交通事故が発生したら、まず警察に通報し示談の交渉相手となる加害者の身元を確認します。

警察は、加害者と被害者双方への聴取や現場状況から、事故の状況を記録する実況見分調書を作成します。

そして加害者は保険会社へ通知し、被害者も自動車に乗っていたならば同じく保険会社への事故通知を行います。

怪我の場合は、治療終了が示談開始の時期

 

その後被害者は入院もしくは通院にて怪我の治療を行い、治療が完了したところで損害賠償額が確定します。被害者に後遺障害が残った場合は、症状がこれ以上変わらないという時点で症状固定を行い、交通事故後遺障害診断書を医師に作成してもらい、示談を開始します。

示談交渉が成立すれば、示談内容の通り被害者は加害者から損害賠償金や慰謝料を受け取ります。示談交渉が決裂すれば、紛争処理機関、または調停や裁判へという流れです。

示談交渉は、事故後すぐ始めることも可能

 

軽度の物損事故の場合、見知らぬ相手との交渉はその場限りにして、一刻も早く示談を終わらせて立ち去りたいという気持ちは分からないでもありません。

示談交渉は事故後いつでも開始することができ、その場での口約束やメモ書き程度でも示談が終了したと見なされることがあります。しかし、いかに軽い事故とはいえ、車両の損傷は目に見えない所で起きている場合があり、怪我がないように感じられてもむち打ちなどの後遺障害は後日はっきりすることもあるのです。

きちんと警察に通報し交通事故証明書を入手できるようにして、痛みがあるなら通院し、後日改めて示談交渉を開始するようにしましょう。

死亡事故の場合も、事故後すぐに開始できる

 

被害者が亡くなってしまった死亡事故の場合、死亡が確認されたということは損失が確定してしまったということですから、示談交渉を始めることは可能とされています。

しかし、死亡事故を起こしてしまった加害者側のショック、大切な人を失ってしまった遺族の悲しみや喪失感の中で、すぐに示談交渉を始めるのは常識外れと言われても仕方ないところです。損害賠償金額に含まれるべき被害者の葬儀費用がほぼ確定される四十九日法要が終わった後くらいに、示談交渉を始めるのが一般的とされています。

交通事故で被害者が死亡した場合~加害者の責任・処罰と慰謝料・損害賠償の相場

交通事故が起こったら、不幸にも被害者が死亡してしまうことがあります。死亡事故が起こった場合、相手にはどのような責任が発生…

傷害を負った場合、示談交渉開始のタイミングは慎重に!

 

被害者が障害を負った場合の示談交渉は、急いでしまうと請求すべき損害賠償金が請求できなく場合があるので注意が必要です。場合によれば、後遺障害を背負ってしまったのに損害賠償金や慰謝料が受け取れないこともあり得るのです。

被害者が加害者に請求する損害賠償金には、交通事故で負った怪我の入院費や治療費はもちろん、通院にかかった交通費なども含まれます。怪我が完治し治療が終了するまでは損害賠償金額が確定しないので、しっかりと怪我を治してから示談交渉を始めましょう。

怪我が完治するまで通院を続ける

 

そのためには、事故直後に病院に行き交通事故による怪我であることを診断書に記載してもらうことと、仕事が忙しくなっても途中で途切れさせずに通院することが重要です。もし完治する前に通院を辞めてしまったら、本当にその怪我が交通事故によるものかどうかさえ疑われてしまうこともあります。

後遺障害が残った場合は、症状固定のタイミングで示談交渉開始

 

被害者が傷害を負った交通事故において、示談交渉を始めるのは症状固定の時期が最も適しています。怪我の治療が長引くと、交渉相手となる加害者側の保険会社担当員から、示談交渉を急ぎたいという連絡が入ることがあります。

しかし怪我の治療を続け、これ以上治療しても回復の見込みがないという時点で後遺障害が確定され、医師と相談し症状固定を行い、後遺障害診断書を作成してもらうまでは示談交渉を始めるべきではありません。

症状固定の時期を過ぎてから合意|交通事故の示談交渉を進めるプロセス

示談交渉を始めるのは、これ以上治療しても改善の見込みがないと言われる症状固定の後がベスト。しかし加害者のために、条件を示…

一般的には事故後6カ月程度で症状固定

医者慌てて示談を開始すると、示談が成立した後に別の後遺障害と診断されてしまった時に、その障害は損害賠償の対象外になってしまいます。

事故後の後遺障害が確定され、医者から症状固定を言い渡されるのは一般的に事故から6カ月ほどが経過してからで、この時期が示談交渉を始めるタイミングだと考えて良いでしょう。しかし、いくら症状が安定せず症状固定を遅らせたいといっても、損害賠償請求権には3年の時効がありますので注意が必要です。

保険会社、被害者との駆け引きを上手に進める方法

 

加害者側の立場として示談交渉を行うのは、多くの場合加害者本人ではなく、加害者が加入している保険会社の示談交渉担当員になります。

そして保険会社の担当員は、示談交渉を急ぎたがるのが普通です。保険会社とすれば数多く抱える示談の案件はスピーディに処理したいでしょうし、早く示談を成立させた方が支払う保険料が安く済む可能性もあるのです。そのペースに乗ってしまうと、後から後遺障害が明らかになっても損害賠償金を請求できなくなります。

この場合には「症状固定してから行います」とはっきり言うことが大切です。

示談は被害者と加害者双方の合意がないと成立しませんから、当然の権利を主張すれば良いだけなのです。

交通事故の示談交渉を保険会社に任せる場合でも、最低限の知識をもって!

交通事故の示談交渉は、加害者と被害者双方が加入している保険会社が行うケースが多い.示談が成立しないと加害者が裁判で不利な判決が出しまう?

一方で加害者が交通事故に関して刑事訴追されている場合、被害者との示談が成立していないと裁判で罪が重くなるという理由で決着を急ぐケースもあります。症状固定までは一般的に6カ月程度かかりますから、その頃には余程複雑な裁判でない限り、裁判の判決が出てしまっていることになります。

刑事裁判で被告人の量刑を決める場合、被害者との和解(示談)が成立しているか否かというのは重要なポイントで、保険会社よりも加害者本人が一刻も早い示談成立を望んでいます。

刑事罰を軽くしたい~交通事故の加害者が示談を急ぐ理由

交通事故の加害者は、民事責任、刑事責任、行政責任の3つの責任を負います。示談と関係があるのは民事責任と刑事責任で、早期に…

嘆願書を提出して、示談交渉開始を慌てさせない

被害者になってしまったとはいえ、危険運転による重大な事故でない限り、

事故後の対応を誠実に行っている加害者に厳罰を望むということもないでしょう。

しかし症状固定までは、加害者の刑罰のことを考えてまで示談を急ぐ必要はありません。

こういう場合は、裁判所宛てに加害者の減刑を求める嘆願書を提出します。

裁判長に対して、「まだ和解は成立していませんが、被告人に対する処罰感情は持っていません。寛大な判決をお願いします」という趣旨の文章を出せば、交通事故の場合は示談が成立していなくても示談成立とほぼ同じ効果が期待できます。

しかし嘆願書は求められたからといって必ず書かなくてはいけないものではなく、それまで加害者が誠意を尽くして対応してくれたかなどを考え、被害者自身で判断すれば良いのです。

権利ばかり主張せず、総合的に判断した方が良い場合も被害者の立場からすれば、示談は急いではいけません

しかしながら、被害者が重い刑罰を望んでいるわけではなく、怪我や後遺障害に見合った賠償責任を果たして欲しいだけだと考えれば、加害者を刑務所に入れるよりは働いていた方が良いという考え方もできます。

示談交渉においても、嘆願書を出すことによって心証が良くなり、より被害者側に有利に進められる可能性もあるのです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

{米沢市のムチウチや交通事故の治療を行っています}

自賠責保険取扱い可

みつば治療院・整骨院

山形県米沢市丸の内2-3-13

0238-22-5182

http://yonezawa-mitsuba.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

交通事故の話し!補足とご挨拶

2017-12-28

こんにちわ!

今朝は大雪でしたが、除雪機が壊れて2時間手作業で除雪をしました!

流石に途中から少しイヤになりました(笑)

 

私事ではございますが、今日で仕事納めさせていただきます。

治療院は31日の午前中まで診療していますのでよろしくお願いします。

 

本年も皆様には大変お世話になりました。来年もよろしくお願い申し上げます。

良い年をお迎え下さい。スタッフK

 

さて、交通事故のお話ですがこれから先は示談の話などを

つらつらと並べる話しになりますのでくどいかもしれませんが、注意点をまた書きました。

意外と交通事故のトラブルはあるんですよ!

それを未然に防ぐ為と思っています。

 

被害者がすべき3つのポイント

    1. たとえ軽微な事故の場合でも必ず警察に報告する警察に届けていないと、後遺症状が出ても交通事故証明書を発行してもらえず、保険金請求ができなくなります。

 

    1. 相手の身元・車両・保険を確認する相手と連絡が取れなくなった場合でも、加害者の加入する保険会社に保険金を直接請求することができます。

 

    1. 事故現場の状況を記録する事故状況の記録、加害者の供述、目撃者の証言は、損害賠償請求の際に役立ちます。

まず、加害者と協力して道路の危険を防止する緊急措置を行い、その後すみやかに警察に連絡します。警察が到着するまでに、相手の身元・車両・保険の確認、事故状況の記録、相手の供述の記録、目撃者探しをやっておきましょう。

 

事故現場での7つのチェック項目

  1. 相手の運転免許証、勤務先
  2. 相手車両の番号、車検証
  3. 相手の自賠責保険・任意保険
  4. 現場の状況・事故の状況の確認(できれば写真を撮っておく)
  5. 相手の言い分(できれば会話を録音するかメモしておく)
  6. 目撃者の氏名・住所・目撃内容(事故時の信号表示など)
  7. ドライブレコーダーの有無、事故時の映像確保

 

交通事故に遭った被害者の心得(3つのNG)

交通事故に遭った被害者が、やりがちだけれども、ゼッタイやってはいけない3つのことをまとめておきます。

  1. どんなに急いでいても、怪我がないように見えても、すぐにその場を立ち去ってはいけない。
  2. 即決示談に応じてはいけない。
  3. 自分に不利な情報を隠してはいけない。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

{米沢市のムチウチや交通事故の治療を行っています}

自賠責保険取扱い可

みつば治療院・整骨院

山形県米沢市丸の内2-3-13

0238-22-5182

http://yonezawa-mitsuba.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

交通事故にあった時4!

2017-12-26

① 事故発生                              

警察に連絡!

必ず連絡するようにしてください。

口約束で物損事故や示談してしまうのは一番危険です。

後々身体が痛くなった時に対応出来ない場合があります。なので必ず連絡するようにしてください。

相手の連絡先を聞き保険会社に連絡!

最近はレッカーサービスがあるものもありますので、レッカーの手配をするついでに連絡します。

②医療機関の受診                  

交通事故に合われてケガをした場合まずは専門医を受診し診断書を発行してもらって下さい。

その際に自分のケガをしている場所が確実に記載されていることを確認してください。

交通事故の治療は診断書に記載されている部位しか治療できません。後々別の部位が痛くなった時に因果関係が認められず治療できない、もう一度医療機関を受診していただく場合がありますので必ず確認するようにしてください。

③保険会社に連絡

診断書をもらったら、治療をどこで行うかを連絡します。

交通事故の治療は基本的に自己負担無しで行いますが、保険会社より当院に連絡が来てからが交通事故としての治療となります。

早めの連絡をお願い致します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

{米沢市のムチウチや交通事故の治療を行っています}

自賠責保険取扱い可

みつば治療院・整骨院

山形県米沢市丸の内2-3-13

0238-22-5182

http://yonezawa-mitsuba.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

米沢 上杉 雪積もりましたね~⛄

2017-12-14

 

昨日、おとといと

 

とうとう降っちゃいましたね~⛄

 

近くの上杉神社を一枚パシャリ。

 

これから家のまわりの除雪、屋根の雪下ろし

 

気温も氷点下をまわる日も増えてくるでしょう。。。

 

疲れた体、冷えを特に感じやすいこの季節

 

リラックスして

血行をよくして

良い状態の身体保って

この冬の時期乗り越えていきましょー!!!!

 

治療院もあったかーくして(笑)

あったかーいスタッフでお待ちしてますよ!!!!!!笑

 

スタッフS

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

{米沢市のマッサージやメディカルフィットネス}

みつば治療院・整骨院

山形県米沢市丸の内2-3-13

0238-22-5182

http://yonezawa-mitsuba.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

交通事故にあった時!3

2017-12-09
少しずつ交通事故の話を書いております。
当日の話し、治療内容等も書かせてもらいました。
今回は保険に関してお話ししたいと思います。
だいぶ堅苦しい話になってますが! お付き合いいただければと思います。
自賠責保険とは?

自賠責保険とは、すべての自動車に加入が義務付けられている強制保険です。

交通事故の被害者が、泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう

被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。

交通事故で他人を死亡させたり、ケガを負わせた場合の相手方の損害賠償に対して

保険金が払われます。

 運転手自身のケガ、自動車の修理代等には保険金は支払われません。

また、払われる保険金の限度額があり、死亡の場合は3,000万円、

ケガの場合120万円、後遺障害の場合等級に応じて75万円~4,000万円となっています。

自賠責保険以外で任意に加入している保険が、任意保険です。

自賠責では何が補償されるの?
けがに関する障害の場合、次の補償が受けられます
  • 治療費...諸雑費、通院交通費、付添看護費、入院費など
  • 文書料...交通事故証明書、住民票、印鑑証明書の発行手数料
  • 休業損害...1日5700円、最大1万9000円で計算される。
  • 慰謝料... 事故によって被害者が受けた精神的苦痛に対して支払われる賠償金。
  • 1日4200円×治療期間の総治療日数と、実治療日数を2倍した日数のどちらか少ない日数が
  • 支払われる。
後遺障害と認定された場合、次の補償が受けられます
  • 後遺障害慰謝料...後遺障害等級の認定申請をして等級ごとに額が決定される.。
  • 逸失利益...後遺障害を負ったことによって事故前の労働能力が維持できなくなり
  •           収入が減少するために失われる利益のこと。等級ごとに額が決定される。

 

よくある質問として、加害者が保険に入ってなくて困った! という話を聞きますが、
これは任意保険の事です! テレビのコマーシャルをしている保険と想像してもらえると
分かり易いと思います。
自賠責保険は相手の車が車検をとっていれば強制的に入っている保険です。
だいぶ専門用語などが並びました! が何かの参考になってもらえると幸いです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

{米沢市のムチウチや交通事故の治療を行っています}

自賠責保険取扱い可

みつば治療院・整骨院

山形県米沢市丸の内2-3-13

0238-22-5182

http://yonezawa-mitsuba.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇








                



        


                

交通事故にあった時!2

2017-12-04

12月、師走になりました。

いろいろバタバタする時期ですね!

忘年会で少し肝臓が…という方はいませんか?

 

今回は交通事故に関して当治療院では、どのような治療をを行うかを書いていこうと思います。

 

①問診、カウンセリング

一口に交通事故といっても、状況、痛めた所などは人それぞれ違います。

痛めた所、どうすると痛みが出るなどを見ながら原因を探っていき治療方針を決めていきます。

②マッサージ

手技療法とも言いますが筋肉、筋膜、リンパ等にアプローチすることで、硬くなった筋肉を元の柔らかく伸び縮みできる筋肉に戻していきます。

③特殊電気治療

高周波治療器、ハイボルテージ治療、マイクロカレント治療、超音波治療など

手技だけでは無く、電気刺激で筋肉を柔らかくしていきます。

電気治療の種類によっては、鎮痛作用(痛みを和らげる)や深部の損傷部を改善させる作用もあります。

④温熱療法

温熱、温めることにより筋肉を柔らかくしていきます。

最深部(骨に近いところまで)湿度があり筋肉の深部等

それぞれにあう治療を選んでいきます。

⑤鍼治療

手技療法では筋肉に直接アプローチできませんが、鍼治療により筋肉に直接アプローチする事ができます

上記の治療などで痛みの治癒に全力でサポートさせて頂きます。

当治療院では、患者様の意思を尊重することを第一に考えております!

少しでも疑問点、不安な所があればお気軽にお問い合わせください!

 

みつば治療院・整骨院

山形県米沢市丸の内2-3-13

0238-22-5182

http://yonezawa-mitsuba.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

交通事故にあった時!

2017-12-04

早いもので12月になろうとしてますね!

雪の便りも聞こえてくる時期になりました。

この時期にどうしても増えてくるのが、交通事故です。

まず!落ち着いて行動することが第一です。

 

①警察へ届ける。

加害者からの報告は義務ですが、被害者から届け出ておく事も必要です。

 

②相手を確認!

加害者の住所、氏名、連絡先

加害者の自賠責保険、自動車保険の会社、証明書

登録ナンバー

自身の保険会社に報告する際に必要になります。

 

③目撃者の有無

状況が複雑な場合等は目撃情報が大切になります!

示談交渉等にも有効な場合があります。

 

④自分でも記録する

事故当日も状況確認してもらえますが、場合によっては後日改めて状況確認されることもあります。

気が動転してるので、確実に覚えてるのは難しいので携帯電話のカメラ等で記録しておく事をオススメします。

 

⑤医師の診断を受ける。

たいした事無いと思っても速やかに診断を受けてください。

後々ケガが重いことがわかる事例もあります。

もう一つ!日数が経ってしまうと、交通事故との因果関係が認められない事があります。

早めの受診を心がけましょう!

 

本当にあってほしくは無いですが、少しでも役に立ってもらえれば幸いです。

 

ただ!一番は落ち着いて行動する事です!

 

治療の流れ、示談等は次回以降説明致します。

 

みつば治療院・整骨院

山形県米沢市丸の内2-3-13

0238-22-5182

http://yonezawa-mitsuba.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

« 前の記事を見る
Copyright(c) 2012 みつば治療院・整骨院 All Rights Reserved.
Powerd by HanaCinema