交通事故の話し!補足とご挨拶

2017-12-28

こんにちわ!

今朝は大雪でしたが、除雪機が壊れて2時間手作業で除雪をしました!

流石に途中から少しイヤになりました(笑)

 

私事ではございますが、今日で仕事納めさせていただきます。

治療院は31日の午前中まで診療していますのでよろしくお願いします。

 

本年も皆様には大変お世話になりました。来年もよろしくお願い申し上げます。

良い年をお迎え下さい。スタッフK

 

さて、交通事故のお話ですがこれから先は示談の話などを

つらつらと並べる話しになりますのでくどいかもしれませんが、注意点をまた書きました。

意外と交通事故のトラブルはあるんですよ!

それを未然に防ぐ為と思っています。

 

被害者がすべき3つのポイント

    1. たとえ軽微な事故の場合でも必ず警察に報告する警察に届けていないと、後遺症状が出ても交通事故証明書を発行してもらえず、保険金請求ができなくなります。

 

    1. 相手の身元・車両・保険を確認する相手と連絡が取れなくなった場合でも、加害者の加入する保険会社に保険金を直接請求することができます。

 

    1. 事故現場の状況を記録する事故状況の記録、加害者の供述、目撃者の証言は、損害賠償請求の際に役立ちます。

まず、加害者と協力して道路の危険を防止する緊急措置を行い、その後すみやかに警察に連絡します。警察が到着するまでに、相手の身元・車両・保険の確認、事故状況の記録、相手の供述の記録、目撃者探しをやっておきましょう。

 

事故現場での7つのチェック項目

  1. 相手の運転免許証、勤務先
  2. 相手車両の番号、車検証
  3. 相手の自賠責保険・任意保険
  4. 現場の状況・事故の状況の確認(できれば写真を撮っておく)
  5. 相手の言い分(できれば会話を録音するかメモしておく)
  6. 目撃者の氏名・住所・目撃内容(事故時の信号表示など)
  7. ドライブレコーダーの有無、事故時の映像確保

 

交通事故に遭った被害者の心得(3つのNG)

交通事故に遭った被害者が、やりがちだけれども、ゼッタイやってはいけない3つのことをまとめておきます。

  1. どんなに急いでいても、怪我がないように見えても、すぐにその場を立ち去ってはいけない。
  2. 即決示談に応じてはいけない。
  3. 自分に不利な情報を隠してはいけない。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

{米沢市のムチウチや交通事故の治療を行っています}

自賠責保険取扱い可

みつば治療院・整骨院

山形県米沢市丸の内2-3-13

0238-22-5182

http://yonezawa-mitsuba.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

Copyright(c) 2012 みつば治療院・整骨院 All Rights Reserved.
Powerd by HanaCinema